BACK PAGEコンサート情報に戻る  2007年の日記  2009年の日記   掲示板 

コンサート日記2008年



2008年12月31日(水)(22:00pm開演)(0:50pm終演)
新潟ジルベスターコンサート2008
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:秋山和慶
司会:メゾ・ソプラノ(フロッシェン):郡愛子
ソプラノ(アデーレ):高橋薫子
ソプラノ(ロザリンデ):野田ヒロ子
メゾ・ソプラノ(オルロフスキー):山下牧子
テノール(アイゼンシュタイン):高橋淳
バス(フランク):小鉄和広
ヴァイオリン、ソロ・コンサートマスター:大谷康子
バグパイク:十亀正司
オーケストラ:東京交響楽団
演出、照明、舞台監督:矢口雅敏
曲目:
<開幕ファンファーレ>
吉松隆/ファンファーレ新潟(金管アンサンブル版)
<オルガン・プレ・コンサート>(オルガン:山本真希)
パッヘルベル/アポロンの六弦琴から第6番ヘ短調「セバルディーナの歌」
ムファット/シャコンヌ
<開演>
スッペ/オペレッタ「軽騎兵」序曲
J.シュトラウス2世/ポルカ「観光列車」
J.シュトラウス2世/オペレッタ「こうもり」ハイライト
 序曲
第1幕ハイライト〜「1人になってしまうのね」3重唱ロザリンデ、アデーレ、アイゼンシュタイン
(休憩20分)
第2幕ハイライト〜
 「導入曲」
 「ぼくはお客を呼ぶのが隙だ」オルロフスキー
 「公爵さまあなたのようなお方は」アデーレ
 「あの上品な態度」2重唱ロザリンデ、アイゼンシュタイン
 「故郷の歌を聴けば」ロザリンデ
 いずみたく/夜明けの歌(郡愛子)
 サラサーテ/ツィゴイネルワイゼン(大谷康子)
 スコットランド曲(中村克己編)/ハイランドカテドラル(十亀正司)
ラヴェル/ボレロ<カウントダウン>
吉松隆/ファンファーレ新潟
ヨーゼフ・シュトラウス/ポルカ「憂いもなく」
J.シュトラウス2世/ワルツ「美しき青きドナウ」
第3幕ハイライト〜
 「導入曲」
 「酔っ払いの歌」(J.シュトラウス2世/アンネン・ポルカ)フロッシェン
 「おやまあ所長さんだが」フロッシェン、フランク
 「田舎娘を」アデーレ
 「終曲」
(アンコール:J.シュトラウス1世/ラデツキー行進曲)
コメント:
 今回で3回目となるにいがたジルベスターコンサート。今回はオペレッタ「こうもり」のハイライトという形。アイデアとしては面白そうだけれども実際にやってみるとオリジナルを知らない人にはよくわからず、知っている人には物足りない、という中途半端さは否めなかった。カウントダウン曲は「16分の最高に盛り上がる有名曲」というふれこみだったのでラベルのボレロと推察していたが果たしてそのとおり。だけどこの曲、途中での速度調整は難しい曲だと思う。結局年を越すよりはとのマエストロの判断で4秒残して曲が終わってしまった。つくづくこうした企画は難しいものだと思う。
2008年12月13日(日)(6:00pm)
東京交響楽団 第51回新潟定期演奏会
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:飯森範親
ピアノ:中村紘子
曲目:
バッハ(ウェーベルン編)/「音楽の捧げもの」BWV1079〜6声のリチェルカーレ
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
(休憩20分)
ブラームス/交響曲第2番ニ長調作品73
コメント:
 日本ではしばらく演奏を封印していたというマエストロのブラームスが本日の目玉である。まあ、ベートーヴェンやブラームスのようなかっちりして重厚な曲は日本のオーケストラはもともと得意だと思うのだが、ピリオド奏法にこだわるマエストロにとっては満を持しての解禁ということらしい。細かい違いは素人の自分にはよくわからないが、しっかりとしたいい演奏だったと思う。

2008年10月19日(日)(5:00pm開演)(7:17pm終演)
東京交響楽団 第50回新潟定期演奏会
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:ドミトリー・キタエンコ(Dmitrij Kitajenko)
ヴァイオリン:鍵冨絃太郎
曲目:
チャイコフスキー/歌劇「エフゲニ・オネーギン:作品24よりポロネーズ
チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品35
(休憩20分)
チャイコフスキー/交響曲第5番ホ短調作品64
(アンコール:チャイコフスキー/弦楽セレナーデより第2楽章)

2008年9月28日(日)(2:00pm開演)(4:25pm終演)
新潟メモリアルオーケストラ第18回定期演奏会
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:山岡重信
メゾ・ソプラノ:与田朝子
管弦楽:新潟メモリアルオーケストラ
合唱:新潟メモリアル合唱団(合唱指揮:箕輪久夫)
児童合唱:新潟市ジュニア合唱団(合唱指揮:海野美栄
曲目:
マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「復活祭の朝の合唱」
(休憩15分)
マーラー/交響曲第3番ニ短調
(アンコール:同第5楽章)
料金:入場無料
コメント:
 新潟大学管弦楽団の卒業生で構成するアマチュア・オケの演奏会。もともとレベルの高い新大オケラのOB・OGとあって演奏もなかなか質が高い演奏を聴かせてくれた。まずはマスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナからの合唱曲。マーラーが女声だけだがここでは男声も参加。約10分ですぐに休憩。そしていよいよマーラーの第3番。100人規模のオーケストラに女声合唱、児童合唱まで参加する、演奏時間100分に及ぶ大曲である。よくもまあアマチュアがこういう曲に挑戦するものだと関心する。でも小曲を沢山演奏するほうが実は大変なのかもしれない。全体で6楽章あるが第1楽章ですでに30分かかる。しかし実は第2楽章以降の方が聴きやすいといえる。第4楽章でアルトの独唱が入り、第5楽章では児童合唱と女声合唱が入る。第6楽章は交響曲第5番のアダージェットをほうふつとさせる美しいストリングスのメロディーが印象的。ということで、長いけれども飽きさせない工夫に満ちた曲である。アンコールはせっかくの合唱団の出演場面が少ないため第4楽章をもう一度演奏。まあそれが本来のアンコールだろうけれども、アマチュアはわざわざアンコール曲を用意するよりもこういう形式の方が好ましいでしょう。こんな素晴らしいコンサートを無料で聴けるなんて!
2008年9月20日(土)(4:00pm)(6:00pm)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 日本公演2008
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:リッカルド・ムーティ(Riccarto Muti)
管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)
曲目:
ハイドン/交響曲第67番 ヘ長調Hob.1-67
シューベルト/交響曲第8番 ハ長調D.944「グレイト」
(アンコール:シューベルト/「ロザムンデ」間奏曲)
(料金:B席24,000円)2階A5列7番
コメント:
 りゅーとぴあ開館10周年記念のコンサートは5年ぶりのウィーン・フィルである。前回は指揮はティーレマン、しかし、来日初演ということもあってかいまひとつ演奏に切れがない印象だった。今回の指揮は世界最高峰のムーティ。しかも新潟公演オリジナルプログラムとあって期待は高まる。
この日は蒸し暑いほどの晴天。ホールのホワイエは空調が効かず暑い。3:15の開場とともにホールに入るとこちらはひんやりと涼しい。最初はまばらだった観客も開演時にはほぼ満席に。チケットは完売のはずなのに当日券も出ていたのは驚いたが。
 いよいよ楽団員登場。場内の割れんばかりの拍手に着席せずに応える。そしてマエストロ・ムーティ登場。座席がステージ脇のAブロックだったのでマエストロの表情も良く見える。りゅーとぴあのいい点のひとつである。指揮台でメガネをかけるマエストロ。ほとんどタクトは振らず、目だけでオーケストラをコントロール。そしてなんたる弱音の素晴らしさ。ホールの音響の良さがこのオーケストラの魅力を余すところ無く伝える。特に第2楽章のアダージョは美しい。終演後の観客の反応も「ハイドンってこんなに素晴らしかったんですね」という声が多かった。僕は茂木大輔さんのレクチャーコンサートでハイドンの素晴らしさは以前から知っていたけれども、本当に良い演奏を聴くとますますハイドンの良さが感じられるのだった。
 後半はシューベルトの、「グレイト」。今回の公演で唯一新潟だけでしか聞けない曲。「天国的な長さ」ではあるけれども、各楽章の主題がはっきりしていてわかりやすい曲とも言える。この曲も弱音で始まり、その美しさに魅せられる。アンコールのロザムンデも含めて、このコンサートでは弱音の美しさと大音響との対比の妙がテーマだった気がする。
 最後の楽団員が退場するまで拍手を止めない観客に対して一度退場したマエストロが再び登場。観客のスタンディング・オベイションに応えてコンサートは閉会となった。
2008年9月14日(日)(3:00pm開演)(5:00pm終演)
NHK交響楽団第1625回定期演奏会
会場:NHKホール(東京都渋谷区)
指揮:ハンス・ドレヴァンツ(Hans Drewanz)
コンサートマスター:堀正文
曲目:
(ホルスト・シュタインさんを悼んで)
バッハ/組曲第3番ニ長調BWV.1068から「アリア」
デニソフ/絵画(1970)
(休憩15分)
マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調
(料金:E席自由1500円)
コメント:
1998年1月以来のドレヴァンツ登場である。この時のドレヴァンツ指揮チャイコフスキー「悲愴」は名演だったと思っているので、東京まで足を伸ばして聴くことにした。最初に先ごろ亡くなったホルスト・シュタインさんを偲んでバッハの「G線上のアリア」が演奏された。特に拍手をお控えくださいというアナウンスはなかったので半数くらいは拍手していたようだけれども本来拍手は控えるところ。楽団員も答礼せずに退出。改めて楽団員が再入場してまずはデニソフの「絵画」。いわゆる現代曲であり、特に良いとも思わず。休憩の後はマーラーの5番。さすがに手堅いドレヴァンツさん。手堅い職人技という感じで必要にして十分な演奏といったところ。アダージェットのテンポも申し分なし。派手さはないけれどもこういう演奏って素晴らしいと思う。
2008年9月13日(土)(7:00pm開演)(9:50pm終演)
プラハ室内歌劇場公演
モーツァルト/オペラ「魔笛」
会場:長岡市立劇場・大ホール(長岡市)
指揮:マルティン・マージク
演出:マルティン・オタヴァ
(料金:B席6000円)
コメント:
序曲の演奏が低調。先行きが思いやられる展開。3人の侍女が3人の童子を兼任しているのも、ちょっとねえ。と油断してついウトウト。なんとか夜の女王のアリア(これもちょっと高音が苦しい)とパパパの二重唱ぐらいは記憶にあるのだけれどもふと気づくとカーテンコールになってしまっていた。嗚呼!
2008年5月11日(日)(5:00pm開演)(7:40pm終演)
もぎぎのオーケストラくわしっく鑑賞ガイド
vol.6 驚異の13人楽団 モーツァルトとハイドンのト短調交響曲
会場:三鷹市芸術文化センター・風のホール
指揮:茂木大輔
ホルン:丸山勉
管弦楽:オーケストラアンサンブル「風」
コンサート・ミストレス:佐イ分利恭子
学術監修:大崎滋生
曲目:
モーツァルト:交響曲第19番変ホ長調K.132「クリスマス・キャロル」(1772)
モーツァルト:交響曲第18番ヘ長調K.130「ロイトゲープ」(1772)
モーツァルト:ホルン協奏曲第1番ニ長調K.412(原典版)
(休憩15分)
ハイドン:交響曲第39番ト短調Hob.1-39(1768)
ヴァンハル:交響曲ト短調(1770)
モーツァルト:交響曲第25番ト短調K.183(1773)
(アンコール:ウェーバー:「魔弾の射手」序曲より4つのホルンのコラール)
(モーツァルト:交響曲第19番第2楽章初稿版)
コメント:
茂木さんの三鷹のシリーズは、茂木さんがハイドンを演奏するための方便とも言える。このため、シリーズ中ハイドンの回はもっとも野心的な企画となっている。エステルハージ宮廷に仕えるハイドンにとって13人楽団は全員がソリストという感覚で爆発的演奏を繰り広げるのに丁度いい人数であるということが、このシリーズの再現によって確認されてきたという意義は大きいと思う。今回は当時楽器的制約によって音階を演奏するのに4人必要とされるホルンに焦点を当て、ハイドンの交響曲39番を中心に、モーツァルトの親友であったホルンの名手ロイトゲープを絡めて構成されている。興味深いのはヴァンハルの交響曲。モーツァルトやハイドンに比べ知名度は比べ物にならないが、当時の名声としてはハイドン、モーツァルトに次ぐ第3の巨匠であったという。この曲を聴くと確かに両者に遜色のない曲と言える。我々は優れた作曲家だけが時代の波に淘汰されて残ったと思い込んでいるが、実際にはこうしたレベルの作曲家は当時沢山いたのかもしれないと思わせる一曲である。
2008年4月6日(日)(4:00pm開演)(6:25pm終演)
茂木大輔のオーケストラ・コンサートNo.4
「ベートーヴェン交響曲第7・8番初演プログラム再現演奏会」
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮・お話:茂木大輔
オーケストラ:人間的楽器学管弦楽団
コンサートマスター:永峰高志
曲目:(オール・ベートーヴェン)
交響曲第7番イ長調作品92
3重唱曲「おののけ、不敬な者ども」(ソプラノ、テノール、バスと管弦楽のための)作品116
(休憩15分)
交響曲第8番作品93
戦争交響曲「ウエリントンの勝利またはヴィットリアの戦い」作品91
料金:S席会員3600円

2008年3月8日(土)(5:00pm開演)(7:30pm終演)
もぎぎのオーケストラくわしっく鑑賞ガイド
vol.4 J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」
会場:三鷹市芸術文化センター・風のホール
指揮:茂木大輔
ソプラノ:永崎京子、カウンターテナー:青木洋也、テノール:鈴木准、バリトン:吉川健一、バス:藤井大輔
合唱:東京混声合唱団
管弦楽:オーケストラアンサンブル「風」
コンサート・ミストレス:佐イ分利恭子
コメント:
 三鷹の恒例行事となったもぎぎのレクチャーシリーズ、今年の1回目はヨハネ受難曲。しかしマタイ受難曲と違ってこの曲はいっこうに盛り上がるところがない。わざとそうした盛り上がりを避けるかのようなこの作品は「マタイの短縮版」といったたぐいのものではなかった。結局茂木さんは結論を見出せなかったようだ。この日の演奏では茂木さんはついに一言もしゃべらなかったのだ。
2008年2月17日(日)(5:00pm開演)(7:15pm終演)
東京交響楽団 第46回新潟定期演奏会
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:飯森範親
ヴァイオリン:庄司紗矢香
管弦楽:東京交響楽団
コンサートマスター:高木和弘
曲目
ベートーヴェン/交響曲第1番 ハ長調作品21
ストラヴィンスキー/ヴァイオリン協奏曲
(アンコール:バッハ/無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番より ラルゴ)
(休憩20分)
ベートーヴェン/交響曲第2番 ニ長調作品36
コメント:
 開演前の飯森氏のプレトーク、ベートーヴェンの初期交響曲を取り上げた意義について、ベーレンライター版による演奏、ノン・ビブラート奏法による初演当時に近い形での演奏などについて。2番の交響曲はベートーヴェンの耳が悪くなり、「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた時期に作曲されており、絶望の淵から這い上がる強い意志が感じられるということだ。
 さて、今日のコンサートマスターは高木さん。新潟初登場ですね。いつもながら楽団員の登場とともにとぎれることなく拍手が続き、それを楽団員も立ったままで受けるというスタイルは東響と新潟の暖かい関係を表すものとして感動を覚える。客席も一時に比べると3階席まで埋まるようになってきているのは嬉しいことだ。
 さて演奏はさすがに気心の知れた飯森氏と東響である。ベートーヴェンの良さを余すところ無く伝えたいい演奏である。そして庄司紗矢香さんについても、以前は「作られた天才」という感もあって名前が先行して力不足という印象だったのだけれども、ここではテクニックもさることながら豊かな表現力でひとまわりもふたまわりも成長したな、という印象。(実際には大変小柄なひとなのだが)これからも注目して行きたいヴァイオリニストのひとりである。